トップページ > 医療機関と一般企業で働く違い

医療機関と一般企業で働く違い

医療機関は現場!

医療機関と一般企業で働く違いとして考えられるのは、当然のことでしょうが人の体を扱うということでしょう。
もちろん医療の仕事といっても様々ですが、特に命にかかわる治療をおこなう医師は常に、人の死ととなりあわせとなります。それは日々の業務の中で一般企業の人が感じることがないであろう種類のストレスを生むでしょう。

また、そういったストレスや感情と向き合うためにはそれなりの覚悟が必要です。

給与も高いですし、職がないなどという環境は無いので一般企業に比べて安定しているでしょうが、
それだけでは長く続けていくことは困難です。
自身の医療に携わる信念や志がなければ、過酷な現場や医療行為に日々耐えていくことはできないのではないでしょうか。

更に業務時間の違いも、医療機関と一般企業で働く違いとしてあげられるでしょう。こちらも医療行為の種類によって変わってはきますが、病院で医師や看護師を勤める場合には夜勤などの出勤時間の不定期さは、一般企業とは違う環境となるでしょう。

産業医は企業の縁の下の力持ち

産業医というのは、企業の顧問弁護士のように、企業でやとわれている医師を指していいます。

産業医になるには、医師免許と会社や企業からの産業医としての依頼があればなれます。主にどのようなことをするかというと、企業で働いている社員の健康管理をします。

特に、近年ではうつなどの精神疾患を発症した社員のサポートが必要とされ、精神科医が産業医としてはいっている場合が多いようです。

一般的な医師とは違い、企業の中の情報がすぐに把握でき、うつを発症した社員に対して、適切な対応を、その社員の周囲の上司などにアドバイスできるというところが違います。

その社員の仕事内容、社員の病気の状態を把握し適切な仕事環境で働けるようにすることで、病気の再発や、病気が原因で辞めていく社員を減らすことを目的としています。

どのようにうつになった社員を休ませ、少しずつ復帰させていくかなど、企業の上司と産業医が相談し、決めていってるようです。

産業医をもっと詳しく知りたい方はこちら

全ての会社に産業医がいるのか
産業医は治療をしないのか

産業医になりたい方はこちら

産業医とは