トップページ > 産業医について

産業医について


産業医は、会社などの事業環境の中で健康的に作業を行えるように専門家の立場から指導やアドバイスを行う役割があります。そして産業医の選任については、常時50人以上を雇用するに至った場合には、事業者が選任する必要があることが、法律でも明記されています。

事業場で勤務する労働者の数が増えるほど、産業医の役割は負担になってきますので、専属か嘱託か、必要とすべき産業医の人数も違ってくることとなります。50人から999人以下の労働者の人数の場合は、非常勤で賄うことも可能です。

そして500人以上の労働者を抱えている企業で有害な業務を行わせる場合は、専属で必要になるのです。なお産業医は医者であれば、誰でもなれるといった性質ではなく、その要件には厚生労働省から認定されること、労働衛生コンサルタント試験を合格したといった要件が必要となります。

そのため、医学に関する知識のみならず、産業分野に関する知識も必要でなるため、そのハードルも高いのです。最近は、労働者のストレスやうつといった心の病にかかるケースが多く、メンタルヘルスに関する知識も大切になっています。

産業医になりたい方はこちら

産業医になるために必要な資格
産業医の職務内容
産業医に必要な能力

産業医に関する疑問

全ての会社に産業医がいるのか